盗聴器発見調査 盗聴・盗撮の調査

私生活をのぞき見する盗撮カメラや盗聴マイクは、一般の人でも購入可能です。きちんと調べなければ、安心はできません。

たった一つの盗聴器が、莫大な被害を生むこともあります。また、盗聴器の存在を疑いながらの生活、業務には精神的に限度があります。早めに盗聴器発見調査をして、対策を考えましょう。

犯人の割り出し、警告、警察への告訴のサポートも行います。

■ 別れた彼氏から、つきまとわれている。鍵を返してくれず、部屋に出入りしているようだ。
■ 現在、離婚問題で夫ともめている。電話を盗聴されているような気がするが、確証がない。
■ 別れた彼氏から、つきまとわれている。鍵を返してくれず、部屋に出入りしているようだ。

調査内容

盗聴器・盗撮カメラ発見調査

特殊機材を用いて、盗聴器や盗撮カメラを捜索し、誰が見聞きしているのか、調べます。

盗聴や盗撮、プライバシーの侵害をする加害者を突き止めます。どこに住んでいる誰が人物が犯人で、被害者との接点はどこにあるか調査します。

盗聴器・盗撮カメラ発見後の対応

発見した盗聴器、盗撮カメラを、関係機関協力の下、取り外します。

調査によってそろえた証拠や、様々な情報を元に、犯人に対して、盗聴・盗撮行為をやめるように働きかけます。話し合いや、警告文書の送付、警察への告訴のサポートも行いますので、問題解決まで一括しておまかせください。

盗聴調査の費用

一般家庭 基本料金 50,000円 (複数の家屋、車両、倉庫等がある場合や、遠方の調査には、別途料金が発生する場合があります。)
会社事務所 基本料金 50,000円 (複数の施設の場合には別途費用が発生する場合があります。)
倉庫・工場 基本料金 80,000円~ (大型の倉庫、工場、複数の施設の調査の場合には別途費用が発生する場合があります。)